*

当団体について

クラウドとモバイルの普及により、企業はデジタル変革に迫られており、日本企業のITの在り方は大きく変わったといわれています。従来、情報システム部門の役割は、システムを安定して運用することや保守運用コストを削減することでしたが、現在はそれに加えてビジネスの現場が求めるシステムリソースやインフラを迅速に提供することが必須となってきています。つまり、導入が容易で、迅速なサービスデリバリーやスモールスタートを実現し、かつ柔軟な拡張性を備えるシステムが求められています。

このような背景から、標準的なインテルアーキテクチャー (IA) サーバー上に分散型ストレージの技術を活用したソフトウェアを搭載し、汎用的なサーバー、ストレージ、ネットワークに加えて、仮想化ソフトウェアや管理ツールなどを組み込んでパッケージ化したハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI) が脚光を浴びてきました。

HCIはさらに進化し、サイロ化されたリソースを共有化し、それを要求に応じて活用することができる利便性の高い企業ITの統合プラットフォーム、「エンタープライズクラウドプラットフォーム」へと発展しています。ネットワークの可視化機能やセキュリティ管理、異なるベンダーの技術スタックを統合する豊富なAPI群の提供により、クラウドが持っている利便性を担保しつつ、企業内のインフラでWebスケールなプラットフォームを活用することを実現しています。

日本国内において「エンタープライズクラウドプラットフォーム」に対する関心は最近高まりつつあり、ITシステムの「リ・プラットフォーム」という概念は企業に浸透しつつあります。しかしながら、これらの技術は今までは主に大規模パブリッククラウド環境で採用されてきた技術であり、企業のオンプレミス環境で採用する事に関して十分かつ正しい情報を持っていないエンドユーザーやパートナーが多いのが現状です。

こうしたことから、「Enterprise Cloud Association」は日本におけるHCIの技術とエンタープライズクラウドプラットフォームの普及促進、さらにはその広範囲なエコシステムの構築を図るとともに、企業のIT予算における新しいテクノロジーへの投資を増やし、企業競争力を高めることを目的として設立されました。

名称

Enterprise Cloud Association

目的
  • HCI市場を拡大させる事による参加各社の売り上げ拡大
  • HCIソリューション全般に関するベストプラクティスの確立と共有・情報発信による市場全体の啓蒙・活性化
  • HCIを利用したシステム構築~運用までのベストプラクティスの策定
  • 各社様のソリューション検証レポートの共有
  • パートナー様・お客様による成功事例/失敗事例の共有
  • 先行導入企業様や専門家によるアドバイスを受ける事
  • HCI市場拡大を阻む要因の解消
  • HCIに関する新規見込み顧客の開拓
参加対象
  • テクノロジーアライアンスパートナー様
  • HCIに意欲のあるシステムインテグレータ様・サービスプロバイダ様
  • HCIを導入済のお客様
活動内容
  1. HCI構築に向けて必要なソリューションの概念実証、動作検証、技術支援など実施
  2. HCIを利用したシステム構築から運用までのベストプラクティスの策定
  3. HCI環境とクラウドとの連携、ネットワークの仮想化、仮想GPUの実装、エンタープライズアプリケーションのHCI上での稼働など、各社のソリューションを組み合わせた分科会の実施
  4. お客様向けのセミナー、技術者同士の座談会、パネルディスカッションなどの交流会の開催